ポケモンGOで進化と強化はどっちを優先するのか

野生でつかまえてきたり、たまごが孵化したりして入手したモンスターの進化には2段階、3段階のモンスターおよび、すでに進化しきっていて進化はできず強化のみできるモンスターがいる。

進化前のモンスターは進化させるとわざの種類が変わってしまうので進化前に強化するのはおすすめできない。

結論としては進化が終わってから強化させるようにしよう。
進化が終わってわざの種類が納得いけるものであれば強化させよう。

以下は補足記事となります。

トレーナーレベルごとにCPの上限が決まっていてトレーナーレベルがあがるごとにモンスターの強化できるCP上限があがっていく。

トレーナーレベルを効率よく上げる方法はこちらを参照

強化にはほしのすなを利用するがほしのすなは利用頻度のわりに入手量が少ないのですぐ枯渇するので慎重に使いたい。

相手のCPが2000でもCP1000のモンスター6匹がかりだと倒せるのでほしのすなは可能な限り温存したい。具体的には実際にほしのすなを利用するのは最低でもトレーナーレベル20を超えてからにしよう。

trainer

序盤で捕まえたモンスターはトレーナーレベルが低い為、つかまえるモンスターのCPも低すぎて残念ながらバトルにはほぼ使えない。

厳密には育てれば使えるがほしのすなが勿体無いので育てない。結果、使えないということになる。

トレーナーレベルが上がってくるとCPがモンスターの種類にもよるが野生でも500以上稀に800以上のモンスターが手に入るのでこれらを進化および強化することでバトルでも通用する強いモンスターになる。

注意点:例外として稀にCPが低くても進化させると大幅に強くなるモンスターもいる。例えばコイキングは野生で入手できるCPの上限は260程度、入手平均は100~180程度であるが進化させるとCP1600以上のギャドラスになる。

koikinggyadrasupng

スポンサーリンク
スポンサーリンク